Notice

記事にするまでもない気付きをメモしていく

Windows checksum

CertUtil -hashfile d:\hogehoge.exe MD5

Linux max process数確認

$ ulimit -n

Mac CPU Core数確認

$ system_profiler -listDataTypes

$ system_profiler SPHardwareDataType

Linux CPU Core数確認

$ cat /proc/cpuinfo

or

$ grep processor /proc/cpuinfo |wc

Postgresqlが使えない時

$ rm -rf /usr/local/var/postgres && initdb /usr/local/var/postgres -E utf8

brewの自動起動コマンド

$ brew services list

tensorflowのinstallでエラーが出たら

Cannot remove .../easy-install.pth

% conda update setuptools

grepマッチするもの以外を取得

grep -v

vim インサートモードでの文字の削除

C-w #単語削除

C-h #一文字削除

gitの変更を元に戻す

$ git checkout {file name} or .

git file 無視

$ git update-index --skip-worktree {ファイル名}

$ git update-index --no-skip-worktree {ファイル名}

$ git ls-files -v #確認

vim置換

:%s/置換前文字列/置換後文字列/gc

#cで置換するかどうか確認,%で全部置換

git password省く

$ git remote set-url origin https://userid:[email protected]/yourname/awesome-app.git

MD5, SHA1SUM

$ md5 {ファイル名}

$ openssl sha1 {ファイル名}

gem install version指定

$ gem install -v {version}

PR(pull request)

$ git branch {ブランチ名}

$ git checkout {ブランチ名}

$ git commit -a

$ git push origin {ブランチ名}

元のリポジトリでPRボタン

tmuxコマンド

$ tmux ls #セッションの確認

$ tmux a #セッションのアタッチ

$ tmux a -t {number} #セッションのアタッチ(セッションの指定)

C-z d #セッションのデタッチ

$ tmux a -d -t {number} #セッションのデタッチ&アタッチ

git commitをやり直したい時

$ git commit --amend

or

$ git reset --soft

pydotのエラー

>>> import pylearn2

Couldn't import dot_parser, loading of dot files will not be possible.

とか出た時の対処

$ pip uninstall pydot

$ pip uninstall pyparsing

$ pip install -Iv https://pypi.python.org/packages/source/p/pyparsing/pyparsing-1.5.7.tar.gz#md5=9be0fcdcc595199c646ab317c1d9a709

$ pip install pydot

Theanoのfunction given

given内で代入する場合,代入する側と歳入される側の型宣言が同じでないとダメ

型が違うもの同士の演算は可能

theanoのインストール

gitでなくてpip installでいける

conda envを有効化する

$ source activate {env name}

$ source deactive #無効化

$ conda create -n {env name} python=3. anaconda #新しい環境作成

$ conda-env remove -n {env name}#環境削除

pyenvでも切り替え可

コマンドからサスペンドさせる

$ sudo shutdown -s now

or

$ pmset sleepnow

$ sudo shutdown -h now #強制終了

sudoにpassを渡す

sudoに-Sを付けると標準入力からパスワードを読む

$ printf "password: "

$ read password

$ ex)echo "$password" | sudo -S command

zshのサスペンド

here